手術をしないで自宅で外反母趾を改善する方法

外反母趾を予防する歩き方

こんにちは、ユミです^^

 

外反母趾はハイヒールみたいな靴ばかり履いているとなるとか言われますよね。外反母趾はハイヒールを好む女性の宿敵とも言われるくらいです。でも正しい歩き方をすることで外反母趾を予防することが出来るんですよ。

 

 

今回は外反母趾を防ぐ歩き方動画をご紹介します。

 

ハイヒール研究家マダム由美子先生の外反母趾を防ぐ正しい歩き方

 

「マツコの知らない世界」で紹介されていて、ハイヒールによって外反母趾に苦しむ女性は多いけれど、正しい歩き方をすれば外反母趾を防げるという、ハイヒール研究家 マダム由美子先生の歩き方動画です。

 

 

 

まずダメな歩き方として、例としてあげられていたのが、内股で歩くことです。マツコもすかさず、そういう内股で歩くやつ多いよね!とツッコミいれましたが…^^;内股で歩くのは見た目も悪いし足にも悪いんですね。

 

 

まず、つま先を開きます。これが大事だという事で、「つま先を開きガニ股にする」という立ち方をします。

 

 

次に「足の内側のラインをしゅっと見せるようにして歩く」こと。これが股関節を開くことになるんですね。そして「股関節が開き、お尻を絞りながら歩いていきます」。

 

 

重心はヒールに頼るのではなくつま先に移動させます。歩くときの姿勢は下ではなく、前をしっかり向いて歩きます。

 

 

これが正しい歩き方となります。

 

正しく歩けば外反母趾の予防になるし、足のラインも綺麗に見えるということでした。

 

ハイヒール研究家マダム由美子の外反母趾を防ぐ歩き方ポイント

 

1.つま先を開きガニ股にして歩く
2.足の内側のラインを見せるようにして歩く
3.股関節を開き、ヒップを絞めながら歩く
4.重心はヒールに頼るのではなくつま先へ
5.しっかり前を向いて歩く

 

 

 

外反母趾を予防するための歩き方動画

 

さらにもう1つ外反母趾を予防するための歩き方動画をご紹介しますね。

 

 

 

 

外反母趾の歩き方には親指が大事

 

外反母趾を予防するための正しい歩き方

 

外反母趾の歩き方の注意点としては以下の事があげられます。

 

1.つま先を外側に向ける
2.かかとを一直線上に合わす
3.つま先は外向きで、
4.かかとからついて親指で蹴る

 

この歩き方の動作が大事で、特に外反母趾の歩き方で親指の使い方というのをよく意識しておく必要があります。

 

 

歩き方で気にしておくべきポイントとして、「つま先が内側に向いていてはいけない」という事です。つま先は外側に向いていてかかととの位置は逆八の字みたいになっているのがいいんですね。つま先とかかとをまっすぐにしているのはダメなんです。

 

 

かかとからついて親指を蹴るという正しい歩き方をしていると、親指の筋肉がついてきます。親指の筋肉がつくことで、親指が曲がる事を防ぐ=外反母趾の予防に繋がります。

 

 

 

このような形で歩いていくと、足の軸が整ってくるので足の緊張がとれてきて、外反母趾の予防になるんですね。

 

 

しっかりと地面を蹴ることで、外反母趾の予防や巻き爪の予防にもなる。また、ヒザ痛にも効果があるという、外反母趾を予防するための歩き方をまとめてみました。

 

 

 

外反母趾を軽減させる歩き方

 

外反母趾は変形を起こしている状態です。歩き方の場合には、着地を気をつける事も重要です。かかと→親指→小指で着地することを意識する。

 

 

これを日々の生活の中で意識していくと違ってきます。歩き始めは小指→かかと→親指
の順番で歩くこと、親指で踏ん張る、親指で蹴りあげると、親指の使い方を意識します。

 

この歩き方を実践するだけで外反母趾の痛みが軽くなったという人もいます。外反母趾の痛みが改善されると、一緒に膝の痛さ、腰の痛さ、O脚なども改善する場合もあります。

 

 

外反母趾改善において歩き方は重要なポイントです。

外反母趾を手術しなくても自分で治す方法