手術をしないで自宅で外反母趾を改善する方法

外反母趾改善に効果的な足の指を広げるストレッチ

こんにちは、外反母趾の痛みが辛くてしょうがなかったユミです^^

 

今回は、外反母趾改善に効果的なストレッチ動画をご紹介します。動画でも言われている事ですが、外反母趾に悩まれているのは女性が一番多いのですが、最近は子どもや男性にも外反母趾で困っている人が増えているんですね。

 

このあたりが外反母趾はハイヒールが原因ではなく別の所にあるという事を証明しているのかなと思います。どれも簡単な外反母趾改善ストレッチになりますので、思いついた時にやるのがおすすめです^^

 

 

 

足の指を広げるストレッチのやり方3種類

 

 

 

外反母趾は足の親指が内側に入っていってるので、外側の骨がポコンと出てしまっている状態です。これが痛むんですよね。そして、指の間隔がぎゅっと締まった状態になります。。今回のストレッチでは狭くなった足の指を広げるストレッチになります。

 

 

足の指を開いていくストレッチ

1.まず足の親指と人差し指を持ち、間隔を開くようにして指と指の間を開いていきます。この時、痛みが辛い人は、出来る範囲で行います。
2.指を開く時間は大体5秒位伸ばしていきます。
3.次は人差し指と中指と薬指、小指と、全部の指を両足共に指を広げるストレッチを行っていきます。

 

足の指を前後に伸ばすストレッチ

1.親指を持ち、指を足の甲の方向に持ち上げます。時間は3秒間ほど。
2.今度は親指を足の裏側に倒していきます。これも3秒間ほど行います。
3.これを親指、人差し指、中指、薬指、小指と全部の指で前後に伸ばし、足指の間を広げるストレッチを行います。

 

 

足の指を回すストレッチ

1.足の指の間に、手の指を挟み込みます。手の指で足の指を広げた状態になります。これが結構痛む人も多いです^^;
2.足の指と手の指が挟み込んだ状態でぐるぐる回していきます。この時に大きく回すようにして足の指の関節を回します。
3.右回り、左回りと回していきます。

 

どれも簡単にできるストレッチなので、朝起きた時、夜寝る時など日に3回行うのが効果的です。ただ昼間だとストッキングや靴下を履いている場合には出来ないので、そういう時は指を前後に伸ばすなどのストレッチを行うと良いですよ^^

 

 

ダンサー向け外反母趾改善ストレッチ

 

昼間でもやりやすそうな外反母趾の改善ストレッチ動画を見つけたのでこちらもご紹介しておきます。ダンサーの人も足の指に負担がかかるので、外反母趾に悩んでいる人は多いんですよね。

 

 

このストレッチの目的としては、足の指の可動域やねじれを改善し、足の疲労緩和効果もあります。外反母趾は足指の関節の可動域が狭くなっている状態ですので、ほぐしてあげて、ねじれを改善し、足指の可動域を広げてあげると外反母趾の改善に繋がります。

 

足指の可動域改善ストレッチのやり方手順

 

両手で足を優しく挟み、足の指の付け根あたりがコロコロと転がるように動かしていきます。
両手の指を合わせて、足の裏と足の甲を優しくつかみます。足の甲が開くように手で広げるように伸ばしていきます。この足の甲を伸ばすストレッチ、すごく気持ちがいいです^^足が疲れている時などにも効果的ですよ。

 

 

外反母趾の場合、痛みで緊張をしているので疲れやすかったりもしますが、緊張を和らげるのにもいいです。

 

 

足の甲と足の裏を掴んでいる左右の手を交互にゆっくり前後させて、足の外側を柔らかくしていきます。片足が終わったら反対の足も同様にストレッチします。

 

 

 

このストレッチなら外出先でストッキングや靴下を履いていてもまだやりやすいと思いますので、気がついた時に行うのがおすすめです^^

外反母趾を手術しなくても自分で治す方法