手術をしないで自宅で外反母趾を改善する方法

足の変形を予防改善するストレッチ|足の指の筋肉を鍛える

こんにちは、ユミです^^

 

以前は外反母趾でも履けるパンプスやミュールをよく探していました。外反母趾だといつも靴選びに苦労するんですよね^^;合わない靴はすぐに足が痛くなるし、結局履けなくてそんな靴がいっぱい…だったんです。

 

 

外反母趾は足に合わない靴を長期間履き続けたから足が変形した…と言われたりしますよね。だから足に合う靴を…と思っていたのですが、足の使い方の方が問題だったんです。

 

 

今回は足の変形を予防するストレッチ動画をご紹介しますね。足の指の筋肉を鍛える事で、足の変形やタコや痛みなどを予防・解消するエクササイズなんです。

 

 

 

まず正座になりますその時に足の形はかかとを揃えて平行になるように座ります。つま先が内向きにならないように正座をしてください。そして膝を持ち上げて、脛から足の甲をよく伸ばすようにストレッチを行います。

 

この脛の部分って足の指を動かす時に大事な筋肉なんですよ。外反母趾改善には足の使い方が重要なんです。単純に足のすねが伸びると気持ちいいですよ^^

 

次に、正座の姿勢から片足を立てて、かかとをつけた状態で足の裏全体に体重をかけてストレッチ。ここでアキレス腱から足の裏の筋肉を刺激します。これらの筋肉も足の指で地面を歩く時に関係する筋肉です。

 

 

片足を立てた状態から次はつま先立ちのポーズにし、膝からつま先までがまっすぐ一直線の状態にします。そして足首はまっすぐにして体重を左右にかけて揺らすのもストレッチになります。

 

次に、足の指を折り曲げるストレッチです。できれば足の指の第三関節まで曲げると効果的です。足首が曲がらないように垂直に折り曲げて左右に揺らします。

 

 

外反母趾の人は指先があまり動かせずに筋力が落ちている事が多いので、指の感覚や関節の動きも鈍くなってしまっています。指先を折り曲げるストレッチで足の指や足の甲、足首までの筋肉が活性化されます。

 

 

ボールをつかむ足裏エクササイズ

 

ボールを足の指でつかんで持ち上げる練習、足裏全体でボールを包み込み、土踏まずをよく使って足のアーチでボールをつかむ練習、ボールを掴んだら反対の手でキャッチをしてまた後ろで足でボールをキャッチなどを繰り返すのも効果的です。

 

 

外反母趾の変形って?

 

外反母趾は親指が小指側に15度以上曲がって変形してしまうのが判断基準になりますが、外反母趾が進行して重度になると40度以上曲がってしまいます。

 

足の変形には、足指の筋力や足の周りの筋肉を活性化することで予防や改善に繋がりますので、足の指のストレッチなどをして、筋肉を鍛えるのが大事です。

 

 

足の指の筋力が低下していくと、足の裏にあるアーチが低下し、偏平足や開張足が引き起こされていきます。外反母趾というと親指の変形が見た目的で問題に見えるかもしれませんが、重要なのは足指・足の筋肉と、歩き方です。

 

 

足の親指が曲がっているからといって、親指だけをどうにかしようとしても改善されません。正しい歩き方でアーチをきちんと形成し、足に負担がかからないようにすることが重要です。

 

 

ほかにも足の指を鍛えるストレッチや、足裏のエクササイズ、正しい歩き方などの動画などを紹介していますので、参考にしてください^^

 

 

外反母趾の痛みがあまりに酷い場合には、無理して足指のストレッチを行わないでください。変な力をかけてしまうと炎症を起こしてしまう場合があります。出来る範囲でのストレッチなどをまずは試してみてくださいね。

 

初期・軽度の外反母趾であれば、ストレッチと正しい歩き方で十分に痛み改善します。

外反母趾を手術しなくても自分で治す方法